会社沿革

1973年 井本冀汎により会社設立(神戸市生田区海岸通ポートビル)
神戸摩耶埠頭~門司田ノ浦間でデッキバージによる輸送開始
1975年 門司出張所開設(田ノ浦コンテナターミナル内)
ポートアイランド北物揚場内航フィーダーバースの暫定利用開始
1978年 新造船「大誠丸」(445G/T・64TEU)による、神戸~門司間でのデイリー・シャトル・サービスを開始
1979年 神戸~門司間にて上組と業務提携を行い共同運航開始
1980年 マツダ運輸広島(現・マツダロジスティクス)と業務提携
1981年 門司太刀浦CYへコンテナ業務全面移行
1982年 ポートアイランド、新内航フィーダーバース利用開始(中南物揚場に移転)
1983年 神戸~博多航路開始
初の船首ブリッジ船「新大誠丸」(499G/T・110TEU)就航
1985年 神戸市から六甲アイランド北物揚場を借り受け六甲アイランド寄港開始
「雄鵬丸」(496G/T・72TEU)を長谷運輸商会と共有船として購入。初の社船
第1次フィーダーシステム導入
1987年 東京営業所開設(港区東新橋ビル)
1990年 本社事務所移転(神戸市中央区京町67 建大ビル)
1991年 初の社船建造「新神戸」(499G/T・110TEU)就航
輸送実績累計100万TEU達成
1993年 ボーイング社特殊コンテナ輸送、神戸~広島間で開始
1995年 阪神・淡路大震災発生(1月17日)
震災後寄港再開(1月24日)
1996年 初の東日本航路へ進出(京浜~清水航路)
神戸港ポートアイランド内航フィーダーバース(PFD-1)完成・移転。内航フィーダー初のガントリークレーン設置
1998年 神戸港外航バース直着け開始
2001年 日本海上物流を吸収合併し、内航運送業免許取得
井本隆之が代表取締役社長に就任
2003年 本社事務所移転(神戸市中央区京町70 松岡ビル)
2004年 初の749G/T型コンテナ新造船「つるかぶと」(749G/T・239TEU)就航
国民保護法による指定公共機関に指定される
2008年 新型ハッチカバーレスコンテナ船「まや」(749G/T・228TEU)就航
2010年 静脈物流貨物の輸送開始
2011年 東日本大震災発生(3月11日)
ナラサキスタックスと当社運航船のスペースチャーター方式による苫小牧~京浜航路開始
八戸港を皮切りに、仙台港、小名浜港、相馬港への寄港再開
神戸からの支援物資を八戸へコンテナでボランティア輸送
台風12号豪雨による災害廃棄物輸送をコンテナを使用して開始(和歌山~神戸)
2012年 宮城県石巻市から北九州市へ向け震災ガレキの輸送開始
2013年 岩手県宮古市から大阪市へ向け震災ガレキの輸送を開始
本社事務所移転(神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディング)
インフルエンザ等対策特別措置法の指定公共機関に指定される
創立40周年祝賀会開催(神戸旧居留地オリエンタルホテル)
創業者井本冀汎が逝去
国内最大コンテナ船「さがみ」(2,446G/T・404TEU)就航
2014年 国内初の電気推進コンテナ船「ふたば」(749G/T・211TEU)就航
2015年 初の日本海航路へ進出(大竹~敦賀航路)
初の一般/コンテナ併用型船「みかげ」(749G/T・194TEU)就航
貨物伸長に伴い、一般貨物船「すま」(731G/T・92TEU)増配
阪神~伊万里航路開始
球状船首型国内最大コンテナ船「なとり」(7,390G/T・548TEU)就航
会社情報 営業案内 運航船舶 環境・安全 取引希望・お問合せ